ヒップアップにおすすめなガードルは?

ヒップアップケアにガードルを使用している方が多いようですが、ヒップアップにおすすめなガードルを調査しました。

 

(ヒップアップに向いているガードルは?)

 

・ガードルには幾つかのタイプが!
ガードルは、ショートやジャスト、ハイウエスト、ロング丈などのタイプがあり、使用する方の悩みによっておすすめのガードルは変わります。

 

・ヒップアップケアならショートでもいい?
ヒップアップケアだけを目的にガードルを使用する場合、ショートガードルでもいい?と思う方が多いようです。

 

ショートガードルでもヒップアップにアプローチするでしょうが、ヒップアップケアは骨盤サポートも大切になるので、ウエスト周りをしっかりキープするハイウエストガードルがおすすめです。

 

(ヒップアップにおすすめなガードルを調査!)

 

・ハイウエスト&お尻部分の機能に着目!
ヒップアップケアにおすすめなガードルは、ハイウエストタイプ&お尻部分にヒップアップに適した機能があるなど、機能性にこだわったガードルです。

 

ガードルによっては、お尻から下に流れたお肉をヒップに集めるタイプや、下から上にヒップアップラインがあるタイプなど、ヒップアップケアに向いたガードルがあります。

 

・引き締め圧も大切!
ヒップアップケアにガードルを履く際は、引き締め圧がある程度強いタイプがおすすめです。

 

しかし、引き締め圧が強過ぎると、身体に負担を与える可能性も考えられるため、強過ぎず弱くないガードルがおすすめです。

 

【あなたにオススメ】骨盤ガードル「ギュギュギュ」

 

 

50代におすすめなガードルは?

 

身体の悩みは年代によって変わるため、50代には50代に向いているガードルがあると思います。
そこで、50代の方におすすめなガードルを調査しました。

 

(50代の方が抱えがちな悩みを調査!)

 

個人差はあるでしょうが、50代の方は下記のような悩みを抱えているケースが多いようです。

 

・ガードルを履くとウエストのお肉がのっかる。

 

・お尻やお腹のたるみが悩み。

 

・姿勢が悪くポッコリお腹が目立つ。

 

50代の方がガードルを選ぶ際は、上記のような悩みに合ったガードルがおすすめです。

 

(50代の方におすすめなガードルを調査!)

 

・骨盤サポートにもアプローチするガードル
骨盤の歪みや開きは、スタイルに影響を与える可能性があるため、50代の方は特に骨盤サポートにアプローチするガードルがおすすめです。

 

・50代はハイウエストガードルがいい?
『ガードルを履くとウエスト周りのお肉がはみ出る、のっかる!』などの悩みを抱えている50代の方は、ウエスト周り全体をカバーするハイウエストタイプが向いています。

 

ハイウエストガードルは、ウエスト周りや骨盤、お尻などのケアをサポートするため、ボディライン全般を引き締めたい50代の方から人気です。

 

ショートガードルは、着こなしやすいという魅力があるものの、ボディメイクを意識する50代の方は、ハイウエストガードルがおすすめです。

 

一方、50代からガードルを履き始めてボディメイクに成功した方も多いので、『今まで色々試しても効果がなかった!』という方にも、ガードルを使う対策がおすすめです。

 

 

 

人生初のガードル〜現在

 

人生初のガードルはなんと10代でした(今現在40代です)。今思うと全く必要なかったのになぜ履いていたのかというと、学生時代の先輩が販売員だったためです。当時一枚2万円くらいしたと思います。

 

少し太っていて、汗っかきだった私は、すぐに汗もができて履かなくなり、それから20代30代の間は全く履きませんでした。

 

30代の半ばからちょうど40歳になるまでに三回の出産を経験した私は、体重は変わらないのに体形はすっかり変わってしまったようで、持っているパンツが全て似合わなくなりました。

 

そこで姉に勧められて20数年ぶりにガードルを履いてみました。

 

私が購入したのはワコールのガードル、ハミデンヌです。全く苦しくないかというとそんなことはありません。それなりに苦しいです。

 

でも、ウェストラインがすっきりしますし、今のところかゆくなったりもしません。ただ、これは年を取ってあまり汗をかかなくなったせいもあるかもしれません・・・。服を着ている状態では見た目には違和感もなく、下半身の見た目年齢が5歳分ほど若返った気がします。

 

ただ、日常遣いはしていません。理由は小さい子供がいますので、とにかく何でも急ぎたいのです。このガードルは補正力はありますが、ロングガードルなので履くのに少し時間がかかるんです。できればサクッとはけてなおかつ補正力も抜群のガードルが欲しいです。

 

 

 

ガードルは履き方が大事

 

太ってしまった時にとても便利で直ぐに使うことができるものとして、ガードルがあります。これを知った時に、本当に便利なモノがあると思いました。直ぐに使うことが出きるのは、本当にいいです。

 

特に自分の体型をごまかすことができるので、助かるしありがたい下着です。下着というと、そんなに体型をカバーできるものはないのですがガードルだけはとても頼りになるものです。

 

そこでガードルを買った時に、普段のショーツを履く感覚で使うことが多かったのでそれは間違いであることに気づきました。買ったものの、上手にきちんと使うことができていなかったんですね。

 

せっかく買ったのに、とてももったいない使い方をしていたことになります。そのまま履くよりも、しっかりサポートしてくれる部分を生かさないともったいないのです。

 

それは、履いた時に背中、お腹、足、おしり等の精肉をそのガードルの中におさめるということです。おさめることにより、より細く見せることができます。

 

 

 

太ももの付け根が楽なガードル

 

仕事をしていると、ふとしたときにスタイルが気になるので必ずガードルを使うことにしています、それを使うことにより、安心することができるんですね。

 

またしっかりサポートをしてくれているという安心感があるので、歩く時に心配なく歩くことができます。それは、仕事のスピードをあげるためにもとても重要なことだと思うようになりました。

 

そして仕事というと、出張の時もガードルを使うことにしています。ブラと同じように、ガードルというのは身だしなみの一つだと思っているのです。スタイルを少しでもよく見せることができると、相手の人に対して不快な思いをさせることが少ないと思ったりしています。

 

出張の時に使うガードルは、太ももの付け根が圧迫されないモノにしています。電車や飛行機などの乗り物で移動をすることが多く、長時間座ったままになるからです。普通のガードルよりも太ももの付け根が痛くならないのでとても楽に移動をすることができます。

 

【あなたにオススメ】骨盤ガードル「ギュギュギュ」